同棲。家事分担をどう決める?/北マケドニア人の先生に聞くリアルな暮らし

ライフオーガナイザーの伊藤とめです。

整理収納サポートの仕事で、
お客様の多様な価値観をより理解するため
”世界中の片付けやリアルな暮らし”
オンライン英会話で海外の先生に聞いています。

 

↓1分~2分で読めるよう書いています。
ぜひ、サラっと異文化に触れてください!

北マケドニア人のイーナー先生。

優しくて気さく!落ち着いた雰囲気で、好奇心旺盛な先生でした!

★ブログへの掲載はご本人の許可を頂いています。

先生の紹介ページ(Youtube)

北マケドニア共和国│Republic of North Macedonia

面積:2万5,713㎢(九州の約3分の2)

人口:208万人(2019年)

首都:セコビエ

言葉:マケドニア語、アルバニア語

通貨:マケドニア・デナル(1ユーロ=61.5デナル前後)

(出典:外務省ホームページ 北マケドニア共和国

joronoによるPixabayからの画像 

家事はぜ~んぶ女性がするもの[だった]!

前回に引き続き、隣国セルビア人と婚約中の先生のお話。

北マケドニアとセルビアの
文化やライフスタイルは似ていて、

言語に至っては70%一緒
イントネーションやアクセントが違うとか。

日本での国際結婚とは感覚が違いますね。

Pete LinforthによるPixabayからの画像 

実家は両国共通で、

「家事は女性がするもの。夫、子供のこと、全部妻がやってきた!」

どこかで聞いたようなフレーズ。

でも、先生は変えたい。

We’ll share our possibilities.
(互いの可能性を分かち合うつもりなの)

I am very lucky! 私はとってもラッキーな方よ。

というのも、友達もみんながこういう理解ある
パートナーではないそう。

私はこの話、妊娠して専業主婦になる前に聞きたかった・・・
自分のキャリア=可能性と、どうして考えられなかったんだろう。

気になる役割分担

「その家事を誰がやるのが良いのか、まず話し合う」

好き・得意かどうかが大事のようです。

主に、先生が好きな料理をして、掃除は苦手なので任せているそう。

6581245によるPixabayからの画像 

house chores responsibilities(家事の責任)

I leave the cleaning duty to my husband

(掃除する義務を主人に任せる)

 

という単語が出てきて、責任や義務…と聞くと

いかに手を抜くか考えている私にとっては
単語がグサッっと刺さりました。

でも、分担するとはそういうことですよね。

★習った単語・表現

  • breadwinner  (稼ぎ手)
  • Who is doing better to do that one?  (誰がそれをやるのが良いか?)

後記

30代既婚女性の先生とレッスンすることが多いのですが、

ご主人との家事シェアがうまくいっている人は、

ほぼ必ず”好き・得意・楽しくできる”を尊重している傾向にあります(とめ調べ)

皆さんはどうされていますか?

これは主人との分担だけでなく、子供との家事シェア探しのヒントにも

なりそうだなと思った会話でした。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 
↑ランキングに参加しています!
クリックしていただけると嬉しいです☆

 

読んでくださってありがとうございました!

ライフオーガナイザー 伊藤智子(とめ)でした。

下のSNSボタンでシェアしてね!