SNSはクラウド使い!│セルビアの先生とリアルな暮らしトーク

ライフオーガナイザーの伊藤とめです。

整理収納サポートの仕事で、
お客様の多様な価値観をより理解するため
”世界中の片付けやリアルな暮らし”を
オンライン英会話で先生に聞いています。

 

↓1分~2分で読めるよう書いています。
ぜひ、サラっと異文化に触れてください!

セルビア人のネベナ先生。

先生は今、首都を離れて山籠もり中。美しくて気さく。そしてオペラ歌手という芸術家です!

★ブログへの掲載はご本人の許可を頂いています。

先生の紹介ページ(Youtube)

セルビア共和国*Republic of Serbia

面積:7.7474万㎢(北海道とほぼ同じ)

人口:約700万人(2018年)

首都:ベオグラード

言葉:セルビア語(公用語)、ハンガリー語等

通貨:ディナール

(出典:外務省ホームページ セルビア共和国

SNSはクラウドストレージを兼務

ネベナ先生は自分からは言わないけど、

日本なら”ミニマリスト”と呼ばれると思う。

写真の整理の話になり、先生のポリシーを聞いてみると。

Thomas UlrichによるPixabayからの画像

 

 

 

 

 

 

 

  • 同じテイストは基本、お気に入り1枚のみ残す
  • 極力スマホのストレージは空ける(バックアップ頻繁)
  • 印刷して壁に飾るのは好きじゃないからしない
  • SNSにアップしたら、基本的に消去。SNSを写真の保存先として使っている!

目的があるなら、たくさん持ってていいんじゃない?

前回同様、先生にとって情報や書類の整理は

”目的”が全て。見ない写真は不要。

そこに、

”お気に入り”という感情が

絡み合ってきます。

Kiên TrịnhによるPixabayからの画像

Kiên TrịnhによるPixabayからの画像 

写真の場合、

”時々見る” 

”見ると幸せな気持ちになる”

こういう気持があるなら、立派な目的ですよね。

 

実は私、片付け・整理収納サポートをしている身でありながら

写真はとてもたくさん持っています。

 

目的があるので、大量保有をOKにしています。

とはいえ、あとはそれを探しやすい

自分に合った仕組みを作る

I can find easy to use!

(使う時すぐ見つかる!)

というのが大事なことだな、と思います!

★習った単語・表現

  • Organizing rules are different for everybody. 収納ルールは人によって異なる

後記

書類も写真も情報整理の一つ。

先生は、自分の”核”となるルールが分かっていて、

更に”心地よい探し方・納め方”というのが確立されている。

余計な情報が入ってこようが、どんなに情報が増えようが

コントロールが簡単な状態にあるんだなと感じました。

つぎは、時間管理についても聞いてみたいなと思いました!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 
↑ランキングに参加しています!
クリックしていただけると嬉しいです☆

 

読んでくださってありがとうございました。

ライフオーガナイザー 伊藤智子(とめ)でした。

下のSNSボタンでシェアしてね!