常に糖質制限×16時間断食│ボスニア人の先生の暮らし

【片付け×海外】好きな

ライフオーガナイザー
伊藤智子(とめ)です。

”価値観・片付けやリアルな暮らし”
をオンライン英会話で
海外の先生に聞いています。

 

↓1分~2分で読めるよう書いています。
ぜひ、サラっと異文化に触れてください!

ボスニア人のセニダ先生。

とってもポジティブなエネルギーに満ち溢れているセニダ先生。

つたない英語でも”通じてるよ”としっかり聞いてくれる素敵な先生です。

★ブログへの掲載はご本人の許可を頂いています。

先生の紹介ページ(Youtube)

ボスニア・ヘルツェゴビナ│Bosnia and Herzegovina

面積:5.1万㎢

人口:332.3万人(2018年)

首都:サラエボ

言葉:ボスニア語、セルビア語、クロアチア語

通貨:兌換マルク(KM)1ユーロ=1.95583KM

(出典:外務省ホームページ ボスニアヘルツェゴビナ

joronoによるPixabayからの画像 

やっぱり美しい人は努力してる

糖質制限と16時間断食の同時進行って!!
ボクシングもしてるよ!

前回のつづきです。

糖質制限(基本的に、糖分中心のものは口にしない。特に主食のパン・麺・コメなど含む)をしていると聞いて、

軽い気持ちで「私も!それで一昨年、9キロ落としたの!」と同調したものの

intermittent fasting(断続的な断食)もしてる!」

と!!

そもそも先生は、

80分ノンストップのボクシングのレッスンを週3~4で受けてるんです。

↑撮影・先生。

先生によれば、intermittent fasting(断続的な断食)

というのは、1日のうち、

16時間は水・コーヒー・ハーブティー以外を口にしないそう。

残りの8時間で2~3回食事するそうです!

糖質制限と断食の組み合わせ、どんな感じなんでしょう!!?

糖質制限×断食、慣れると頭スッキリ!(だそうです)

私も試したけど脳が働かなかったよ~!
10日くらいで慣れるよ!

先生とのレッスン後、試してみた私。

4時半起き、12時まで水分で頑張ったのですが、その日の午前中は

脳みそが動かず・・・正直きつかったと報告すると。

10日で慣れるよ!と。

alan9187によるPixabayからの画像 

先生の場合・・・1日の食事は2~3回

10:00 起きる

12:00 1回目の食事(断食解禁)

16:00 2回目の食事(3回食べるとき)

18:00 2回目の食事(2回の時はこれで終わり)

20:00 3回目の食事

03:00 消灯

内容も、肉魚と野菜が中心。時々お米を食べるとか。

私は1か月のうち、どうしても糖質取りたくなる日がある!と伝えると、

(そして私はガシガシ食べてる)

先生は、スムージー(バナナ・水・プロテインパウダー)やヨーグルトにはちみつ

で乗り切ってるそう。

食事をする8時間は、1回の食事で

おなかいっぱいになるまで食べると決めているそうです!

すごい・・・モデルさんみたい!

肝心の、なぜこの食生活なのか聞くの忘れました・・・。

★習った単語・表現

  • It made me tired (itは糖質の話で・・・摂ると疲れる)

後記

料理が苦手なので1回に家族の人数+1~2人分多く作って、

翌日の朝や昼に食べている私。

先生もまさかの同じ方法で、

料理をいかに回数少なくするか工夫されていました!

やっぱりパッションに生きる人は、気づかないうちに何かを削り、自分の大事な時間を

確保しているなと思います。

私も今年は走る!!予定です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 
↑ランキングに参加しています!
クリックしていただけると嬉しいです☆

 

読んでくださってありがとうございました!

ライフオーガナイザー 伊藤智子(とめ)でした。1

下のSNSボタンでシェアしてね!