【ボスニア】毎日お寿司でもいい!│海外の先生と暮らしトーク

【片付け×海外】好きな

ライフオーガナイザー
伊藤智子(とめ)です。

オンライン英会話で
”価値観・片付けやリアルな暮らし”
海外の先生と話しています。

 

↓1分~2分で読めるよう書いています。
ぜひ、サラっと異文化に触れてください!

ボスニア人のセニダ先生。

とってもポジティブなエネルギーに満ち溢れているセニダ先生。

つたない英語でも”通じてるよ”としっかり聞いてくれる素敵な先生です。

★ブログへの掲載はご本人の許可を頂いています。

先生の紹介ページ(Youtube)

ボスニア・ヘルツェゴビナ│Bosnia and Herzegovina

面積:5.1万㎢

人口:332.3万人(2018年)

首都:サラエボ

言葉:ボスニア語、セルビア語、クロアチア語

通貨:兌換マルク(KM)1ユーロ=1.95583KM

(出典:外務省ホームページ ボスニアヘルツェゴビナ

joronoによるPixabayからの画像 

ねえねえ、お寿司食べてきたよ!

最近何してた??
お寿司食べてきたよ!

 

↑ああ、先生美しい!

先生の食生活は、驚きの連続で、

まず糖質制限をしているのが自分と共通だったこと(制限の度合いは違う)。

そして、二つ目に16時間断食といって、一日のうち8時間しか

固形物を摂っていないということ。

当然ながら、お米は糖質満点ですので、たまにしか食べないようにしていて。

お箸の使い方もマスターしていて、さすが!!

お寿司はボスニアでは人気なの??

寿司ネタ、何が好き?
まぐろとサーモン!

毎日お寿司でもいいそう!

ちなみに先生がこの日食べていたのは、カルフォルニア寿司。

ああ、とてつもなく海外行きたくなる写真です。(撮影・先生)

きゅうり、サーモン、アボカドと何かの野菜が入っているとか。

こんなに遠く離れた国でも、日本の文化が愛されていているとは

テレビなどでは聞いていたけれど、実際に話すと嬉しいものですね。

ちなみに、ボスニアでは生でお魚を食べる習慣はないようで、

お友達の間では、実際そんなに人気ではないようでした。

お寿司の専門店というよりは、レストランのメニューの一部だったり、

日本料理店にいけば食べられるそうです!

 

★習った単語・表現

  • our body is not used to do that.(私たちの体はそうすることに慣れていない)

後記

先生は日本にまつわるものが好き!と言っていました。

ボスニアって、どんな国なんだろう。

いつも先生とは共通点がたくさん見つかるので、

異国にいる人と話している感が

日に日に薄れています(笑)

それはそれで、新しい世界の楽しみ方だなと思いました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 
↑ランキングに参加しています!
クリックしていただけると嬉しいです☆

 

読んでくださってありがとうございました!

ライフオーガナイザー 伊藤智子(とめ)でした。1

下のSNSボタンでシェアしてね!