【フィリピン】服は10、靴は3。ミニマリストになりたい!│英会話の先生と片付けトーク

【片付け×海外】好きな

ライフオーガナイザー
伊藤智子(とめ)です。

オンライン英会話で
”価値観・片付けやリアルな暮らし”
海外の先生と話しています。

 

↓1分~2分で読めるよう書いています。
ぜひ、サラっと異文化に触れてください!

フィリピン人のA先生。

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像 

先生、お顔出しはNGということで
お話を書くことはOKでした。

 

フィリピン共和国│Republic of the Philippines

面積:29万9,404㎢(日本の約8割)7,109の島々がある。

人口:1億98万人(2015年)

首都:マニラ(首都圏人口約1,288万人)

言葉:国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語及び英語。80前後の言語がある。

(出典:外務省ホームページ

Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像 

ミニマリストになりたい4人の母

どうしてミニマリストになりたいの?
とめ
とめ
先生
先生
掃除が嫌いだから!

 

ミニマリストになりたいと言う先生。

でも、実際に聞いてみると、

 

  • 洋服は10ペアに絞った
  • 靴は3足
  • 化粧品・アクセサリーは減らした

 

今はオンラインで家からほとんど出ないし

必要ないから持ちたくない!と言います。

 

フィリピンは、雨季と乾季。

四季ではないので半袖がほとんどだそうですが、

10着&3足はすごい!(きっとこの数字にも意味があるはず)

 

Steve BuissinneによるPixabayからの画像 

 

自分の物は最小限なのに、

何が散らかっているのか?

 

話を聞いてみると、上はティーンから2歳までの4人の母。

散らかしては遊ぶ2歳児と、

思うように片付けてくれないティーンたち。

いつも

「かたづけてーーーーー!!」

と叫んでいると。

 

持つものすべてに理由が欲しい

先生
先生
クッションも3個まで。動きづらくなるでしょ?
理由と数が決まってるとラクだよね
とめ
とめ

先生と話していると、とにかく合理化・シンプルへの追求が止まらない。

  • 毎日使うものだけを所有したい
  • 使わないものをはっきりさせて、寄付・譲る・捨てるをしたい
  • 持っている意味が分かるものだけにしたい
  • 目に見えるものを減らしたい
  • 部屋の飾りも最小限でいい
  • I’m a type of person who likes space. (広い空間が好き)

 

とにかく、数字と理由が出てくるので、

これは私と意見が合うタイプだわ!と思いました。

イキナリ捨てる前に、

どういう家で暮らしたら

ハッピーか考えてみて欲しい

と伝えてみました。

 

ambermbによるPixabayからの画像 

私もすごく分かるのですが、

持っているものに、意味や理由を求めてしまう。

でも、逆に自分が納得すれば守れるルールができます。

 

こういうタイプの方には、

どういう暮らしがしたいか、というのも大事ですし、

あとは自分は出来ているので、

他の家族がどうしたらラクにできるか(主に戻す作業)?

を考えてみたら、ヒントが見つかると思います。

Before decluttering,

Organize your thoughts and talk with your family!

片付ける前に、頭を整理&家族と話す時間を!

 

★習った単語・表現

  • illimunate(明らかにする)
  • beauty products (美容用品)

後記

先生のポリシーは、

”使わないものは持ちたくない”

だから、理由があれば、数が決まっていれば手放せる。

先生のように、

「自分はこんなに身を削っているのに(家族は)・・・」

と思っている人も意外と多いです。

自分のことをよく知っている人ほど、理想と現実のギャップが苦しいと思う。

だからこそ、私はファミリーが歩み寄る片付け

を手伝いたいんだなって思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 
↑ランキングに参加しています!
クリックしていただけると嬉しいです☆

 

読んでくださってありがとうございました!

ライフオーガナイザー 伊藤智子(とめ)でした。

下のSNSボタンでシェアしてね!