ベルギー │ ミニマリストは寄付先を選ぶ。

 

 

【片付け×海外】好きな

ライフオーガナイザー
伊藤智子(とめ)です。

 

モットーは

”モノを減らしてワタシを増やす。”

Minimalize and Be passionate!

 

オンライン英会話で
”価値観・片付けやリアルな暮らし”
を海外の先生と話しています。

 

 

今日は初めましての、ベルギーの先生。

Photo by Luiza Giannelli on Unsplash
 

 

 

 

服も食品も、不要だと思ったら寄付。

 

今日の先生は、ベルギー在住。

 

 

前回、話していた時に

”身の回りにミニマリストいるかって?

それは私よ!”と言われた先生でした。

 

 

最近、何してたの?と聞いたら、

 

「家を整えていた!」とのこと。

なになに、めっちゃ興味ある!

 

 

 

 

 

Stuart BaileyによるPixabayからの画像 

 

思わず、

「何を捨てたの~?」と聞いてしまったのですが。

 

「私は基本的に捨てないの。服も、小物も食べ物も。」

 

 

寄付することが多いと。

 

上級者だなと思ったのは、

 

「寄付団体に、今どんなものが必要か先に問い合わせて、

必要なものを送るようにしている。

問い合わせ先?少なくとも5個くらいは知ってるよ!」

 

ほほう!!

 

この後、何て発言していいのか止まってしまいました。

 

 

日本では、私もしていますが、1日1捨てのように、

コツコツ捨てる、手放す。

というのが主流で(私が思ってるだけ?)すが、

 

 

話していて感じるのは、特にヨーロッパの先生たちは

寄付への意識がとにかく高い。

 

 

私は、寄付で手放すことももちろんあるのですが、

 

↑私。古着deワクチンさんに送ります。

 

古着deワクチンさん。

ダイレクトに入れたものを人に渡すのではなくて、

中古品として販売し、現金化したうえで、ワクチンの購入に役に立ててくださるという仕組みです。

 

 

 

ですから、服もバッグも選ばれて持っていかれる、

というところに惹かれています。

 

必要なところに、必要なものを。

 

 

これは、物を持つ、そして手放すうえで、

根底になくてはいけない考え方だなと

 

先生の話を聞いていて、思いました。

 

 

 

だから、最近なんか捨てた?という質問にも、

たいていのミニマリストな先生は、

 

”いや、特にない”と言います。

 

捨てるようなものを持っていないから。

家に置くものを厳選し終わっているから。

 

早くその段階に達したい。

 

 

 

☆後記

 

次は、先生がどうしてミニマリストになったのか、という話を聞く約束をしました。

 

先生は、

 

「ミニマリストでいるのは辛い」と言っていたから。

 

あれ、私の理想とちょっとちがう!

 

その辺掘ってみたいと思っています。

 

 

 

読んでくださってありがとうございました!

ライフオーガナイザー® 伊藤智子(とめ)でした。

 


ミニマリズムランキング

 

 

 

↑オンラインでのサービスの様子です

 

 

 片付けの伴走もしています。

詳しくは、

こちらをご覧ください💛

今はオンラインに力を入れています。

 

 

 

 

2020.11.30発売。7か所掲載していただきました。

ライフオーガナイザーⓇ&SOH…のmy Pick

Amazon(アマゾン)
無印良品でつくるワークスペース
1,085〜5,700円

 

下のSNSボタンでシェアしてね!