公共施設/みんなが分かりやすい表示

こんにちは!

梅雨が明けるくらいになると、高校2年生の時、オーストラリアへ短期留学したことを思い出します

初めての海外でしたし、異文化に強烈な印象を受けて帰りました。

それ以来、何気にオーストラリアには足を踏み入れておらず、いつか必ず再訪したいと、毎年この時期に思っています。

***

我が家は、東京都町田市なのですが、隣接する地域がほとんど神奈川県です。

普通に、

「神奈川県町田市じゃないの?」と聞かれます。

そんな町田市の隣接市町村のひとつ、神奈川県大和市は子育てにとても力を入れていらっしゃるようで、市内に子連れでのびのび遊べる施設がいくつかあり、よくお世話になっています。

今回お友達と行ったのは

田園都市線&小田急線の中央林間駅から徒歩5分くらいのところにある

その名もポラリス!!入場無料です。

ポラリスHP

お庭に大きな遊具。

小さい子供は常に同行が必要ですが、幼稚園くらいになれば、ママ達は室内で見守りながらお話しできるという、なんとも最高な施設!

赤ちゃん専用のスペースもあり、ベビーカーも、ものすごい数置けます。

人が多くて撮れませんでしたが、室内もとても広いです!

そこで、参考にしたいと思ったのは、

①トイレのスリッパ。

やっぱり、こうしてきっちり指定されるとそこにぴったり置きたくなるものですね!!

うちの息子たちも柄・場所ともにピタッとさせていました。

②下駄箱

親子で前後に置くことのできる、奥行き。

普通の自宅ならば完全に規格外でしょうが、子供のくつは小さいものが多いので、これは収納力あがるなぁ、と学びました。

てんとう虫と息子。

公共の施設は、年齢も違えば性別、そして初めて来る人も多いのが普通です。

こうした表記は、とても考えられていて、素晴らしいなぁと思いました。

それにしても、大和市の公共施設ポラリスはいいところです。

なんと、遊んでいたお庭の真横を小田急線がしょっちゅう通過します。電車好きなお子様にも最高なロケーション!

大和駅の近くにあるシリウスも子連れでよく行きます(ボーネルンドの遊具が広々と入っています)。

今日は公共施設の表示から学んだことをお伝えしました!

お読みくださいまして、ありがとうございます。

下のSNSボタンでシェアしてね!